2020年8月21日

8月21日のこどもたち

 今日は地震を想定した避難訓練がありました。朝、さまざまな活動をしているところに「地震発生」の放送が入ったのですが、何度か訓練を経験した子どもたちは、速やかに先生の指示を聞いて自分の身を守るための行動をとることが出来ました。
 その後、子どもたちがはじめて耳にする「津波発生」の放送は入ると、安全が確認できたこども園の中で一番高い舞台があるホールにみんなで集まりました。全員の無事を確認した後は、司会の先生や園長先生から“避難時の約束”の確認をしあい、併せて“もしも津波が来そうになったらどうしたらいいか”ということも学びました。
 幸いにも高い位置にあるNOBENOこども園は、津波災害に遭うことはないとは思うものの、いつどこで発生するかわからない“津波”について知り、もしもの際に少しでも早く自分の身を守る行動がとれるように…。との思いで実施した今日の訓練、自宅でもお家の方々と地震や津波について話し合うきっかけになるといいなと思います。
 避難訓練の後は大好きな水遊び。暑さ指数最高の日となりましたが、子どもたちは様々な道具を工夫しながら“涼”を満喫していました。

地震発生の放送が流れると、素早く机の下に。ちゃんと自分のからだを守ることが出来ました。
担当の先生からのお話タイム・・・「おはしも」のお約束、津波の時のお約束、どちらも真剣な表情で聞いていましたよ。
年長組さんはシェラリン先生と英語あそび。カードを見ながら上手に質問に答えることが出来ました!
こちらも年長さん。ひらがな上手に書けるようになってきたね!
みんなでみずあそび!
ペットボトルのシャワー気持ちいい~!                            
冷たい水に触れて大はしゃぎ☆